天舞〜様々な悩みを改善・解決いたします〜

電話占い天舞®(あま)│前世も未来も見通す霊能力者による電話占い
ホーム 霊界通信 第五回 相談者を襲った生き霊の正体



メディア情報
メディア情報 有名芸能人の霊視実績 皆様からの口コミ情報 未来的中実績 天舞をよく知るために 霊界通信 霊界通信
天舞では電話鑑定では解決できない問題の場合、縁結び祈願・縁切り祈願などの特別鑑定を行っています。

詳しくはこちら

第五回 相談者を襲った生き霊の正体

前回は生き霊についてお話しをさせていただきました。今回は事例を絡めてさらに深く説明させていただきたいと思います。多くの方が、人を妬み、恨み、憎しみ、悲しむといった負の感情を抱くと思います。この感情は相手がいて初めて成立する感情と言えます。実は、これらの負の感情を抱いた瞬間に、負の念も相手に送っているのです。激しい負の念は感情の強さによって無意識に魂の一部が抜け出て、それが生き霊となってしまうことがあります。生き霊は取り憑かれた人を不幸にしますが、生き霊を出した本人も不幸になることを忘れてはいけません。それと、やっかいなことに、生き霊は送る側が無意識に出しているため、自分の意志でコントロールすることができない非常に厄介な霊です。そのため、霊の中でも一番除霊が難しく、優れた霊能者でないと除霊ができないのです。もし生き霊に取り憑かれたかなと感じた時は、迷わず電話占い天舞にお電話ください。きっとお力になれるはずです。それではここで、一つの事例をご紹介しましょう。

思わぬことで生き霊に取り憑かれたSさん
アパレル関係の会社で働いているSさんは、容姿端麗で性格も明るく人当たりも良かったので、誰からも好かれる職場のマドンナでした。そのため、勘違いする男性も多く、常に誰かに好意を抱かれているような状態だったのです。そんなSさんですが、誰かに見られているような強い視線をいつしか感じるようになりました。Sさんは、以前ストーカー被害に遭ったことがあり「またストーカーか」と思っていたのですが、今回はちょっと様子がおかしいことに気がつき始めました。その視線は、自宅で一人きりでいるときにも感じたのです。さらに、シャワーを浴びている時や車の中などの密室でも、どこにいても視線を感じるようになりました。困ったSさんは、友達や知人に助けを求めましたが、いくら探してもストーカーは見つかりませんでした。
そんな毎日を送り続けているうちに、Sさんの体調にも影響がでるようになってきました。毎日怯えるような生活を送り、眠れぬ日々を送るようになってしまいました。その結果、綺麗だった肌は荒れて、食欲もなくなってやせ細ってしまい、かつての美貌は見る影もありませんでした。もちろん病院にも行きましたが、診断結果はストレスとしか判断されません。一向に体調が改善しないSさんは、仕事も休むようになってしまったのです。そして、日に日に変わりゆくSさんを心配した友達が、もう一つの可能性があることを思い出してSさんに電話占い天舞の霊能者を紹介しました。
その友達は以前、元彼の生き霊に悩まされたことがあり、その時の症状が今のSさんとよく似ていたのです。それで、その時に相談をした電話占い天舞のことを紹介したのです。
霊能者がSさんを霊視したところ、体調不良の原因は生き霊によるものだったことが分かりました。長い期間生き霊に取り憑かれていると体調面だけでなく、魂にも悪影響をもたらす可能性があったので、霊能者はすぐにSさんに取り憑いている生き霊を祓うことにしました。ずっとストーカーが原因だと思っていたSさんは、霊能者の霊視鑑定の結果を知った時はとても驚かれた様子でした。
そして、鑑定をした霊能者も驚いたことがありました。それはSさんに取り憑いていた生き霊が3体もいたからです。Sさんに生き霊を送っていた人間ですが、霊能者の霊視で探知したところ、3人とも同じ会社の男性だということがわかりました。なんと、その3人が同じ時期にSさんに生き霊を飛ばしていたのです。3人の男性は、Sさんに好意を持っていることをお互いに知っていて、それぞれの嫉妬心が干渉し合ってそれが強い念となり、ここから生き霊が生み出されたのです。3人の男性が恋心を競った結果このようなことになってしまったので、生き霊を飛ばしているという自覚はまったくありませんでした。その後Sさんは、その3人と話し合い、それぞれに好意がないことをきちんと伝えたそうです。それから生き霊に悩まされることはなくなり、徐々にではありますが元の生活に戻っていきました。

ご紹介した事例では、生き霊を祓うだけでなく、生き霊を飛ばした相手と話し合うことで解決の道が開けました。悪意がなかった生き霊だったため円満に解決した事例ですが、生き霊を祓う前に当事者同士で話し合うことをお勧めいたしません。そんな時こそ我々霊能者の出番なのです。