天舞〜様々な悩みを改善・解決いたします〜

電話占い天舞®(あま)│前世も未来も見通す霊能力者による電話占い
ホーム 霊視霊聴 第五回 芽衣美霊能者



メディア情報
メディア情報 有名芸能人の霊視実績 皆様からの口コミ情報 未来的中実績 天舞をよく知るために 霊界通信 霊界通信
天舞では電話鑑定では解決できない問題の場合、縁結び祈願・縁切り祈願などの特別鑑定を行っています。

詳しくはこちら

第五回 芽衣美霊能者

【初めての霊視】

物心ついた時から霊を見ることができましたが、霊視を体験したのは小学生のころで、父親の事故を予知した時でした。その日の朝は、父の顔を見たらなんだか違和感があったのです。毎日のように見ていた顔なのに、なんだかおかしくて…。父の顔が二重に重なって見えたのです。重なって見えていた父の顔は苦痛にゆがんでいました。
そして私が学校から帰ると、私の帰りを待っているはずの母の姿がありませんでした。祖母が留守番をしていたので事情を聞くと、父が事故に遭ったと教えてくれたのです。その時私はすぐに今朝の出来事を思い出しました。父は幸い命に別条はなかったのですが、足に障害が残るほどの大事故だったのです。その瞬間ハッキリと自覚しました。私だけにしか見えないものがあるということが。そして、私にしかできないことがあるということも。

【霊視のスタイル】

私の場合は、対象者の過去・現在・未来。遠くの場所も見ることもできます。過去は複数存在しないため一つのビジョンで視えますが、未来は複数のビジョンで視えています。未来は常に変わりますから、未来の方向は一つではないのです。その未来の中から最も幸福な未来をご提示させていただいております。霊視ができると言っても、過去だけだったり、未来だけであったりする霊能者がいますが、私はすべてを見通すことができます。

【印象に残っている霊視】

顔以外なにも知らない男性との恋愛成就をお願いされた時でした。その方と出逢ったのはご相談者様が一人で行ったカフェ。満席の店内で偶然相席になっただけで、ご相談者様がひと目惚れされたようでした。彼とは会話もなく、もちろん連絡先を聞くこともできなかったようです。でも、ご相談者様の想いは強く、“どうしても彼ともう一度逢いたい。彼と付き合いたい。”と、強く願われていました。電話がつながった瞬間、とても情熱的な恋愛パワーを感じました。たとえ絶対に不可能と思われる恋愛でも、想いの力が強ければ叶うことがあるのです。まず、ご相談者様の過去を霊視し、記憶に残っている男性を知ることからはじめることにしました。時間を遡って行くうちに、ある男性と相席をしていたご相談者様を見つけることができたのです。そして、過去のビジョンからその男性の魂とリンクして、霊視を開始しました。通常の霊能者にはここまでの霊視はできませんが、修行を積んだ霊能者ならば記憶からでも霊視が可能なのです。その男性はカフェの近くに住んでいて、休日によく訪れていること、彼にはお付き合いされている女性もいらっしゃらないようでした。注目すべき点は、結婚願望の高さでした。父子家庭で育ったため、家庭的な女性に心惹かれることなどがわかったのです。まさにご相談者様にぴったりのお相手でした。鑑定では、次に彼がカフェに来る日時や、彼への接し方などを助言いたしました。次にお電話をいただいたとき、今度はとても温かな恋愛パワーを感じられ、「先生のおかげですばてがうまくいきました。こんど結婚します」と、おっしゃられたのです。霊視から霊視を行なう高度な鑑定を成功させたということもあり、とても印象に残っている相談でした。

【初めての霊聴】

霊聴ができるようになったのも霊視ができるようになったのと同じ頃でした。父親が事故で入院中に、もしもの時のために親戚一同が私の家に集まったのです。そこで、私の心に直接響く声がありました。「まだ生きてるなんてしぶとい」「保険金はこの子にいくのかしら」「明日仕事早いんだけどな」といった、聞くに堪えない言葉が私の心を突き刺したのです。周りを見渡しても誰も言葉を発していません。ここではじめて気が付いたのですが、私はみんなの心の声を自然に聞いていたのです。これが霊聴を初めて自覚した瞬間でした。同時に人間の醜さも知ることとなってしまいましたが…。発現当初は霊聴のコントロールに苦労し、聞きたくのない事まで自然に聞いている状態でしたが、厳しい修行の末に霊聴を完璧に扱えるようになり、今では時間を遡って対象者の本心を聞けるようにまでになりました。

【霊聴のスタイル】

自由自在に対象者の心の声を聞くことができます。今では霊や霊界からのメッセージも聞くことも可能になりました。私の場合は、鑑定の時などご相談者様から発せられる波動を感じることで、声を聞き取ります。この時の感覚は心に直接響いてくるのです。聞こえ方ははっきりと聞こえる場合もあれば、囁くように聞こえるものなど様々です。

【印象に残っている霊聴】

ある男性とのお付き合いで悩んでいる方からのご相談でした。ご相談者様は婚活をされていて、登録していた結婚相談所が主催していた婚活パーティーで、一人の男性と出逢ったのです。その男性は35歳にして年商10億円の会社の社長をされていて、有名なタワーマンションで生活をするほどのセレブでした。この世のすべてを手に入れたような男性が、何の取り柄もない自分を選ぶはずが無いと思っていたようなのですが、彼が交際を申し込んだのはご相談者様だったのです。最初は“私を笑い物にする気だ”と思っていたそうですが、彼と付き合ううち、心の底から彼に惹かれている自分がいたそうなのです。しかし、彼にのめり込めばのめり込むほど、不信感も大きくなっていったようでした“彼は私の事を本当はどう思っているんだろう?”“やっぱり遊ばれてるの?”そんなネガティブな思いにかられていたときでした。電話占い天舞にお電話をされたのは。
お電話を通じて自分に自信が持てない、彼の本心を知りたいと、恋愛に相当不安を抱えている思いが波動となって私の心に伝わったのです。まずは、ご相談者様の霊視を開始して、ご相談者様の心から彼の心にリンクすることにしました。そして、そこから彼の本心を知るために霊聴を始めたのです。彼の魂はご相談者様への愛であふれており、真実の愛がそこにはありました。そして今まで感じたことのない深い愛で満ちていたのです。実は、彼には若干の霊感があるようで、ご相談者様の真面目さや純粋な心を見通していたようで、そこに惹かれていたのです。
彼にはその霊感のおかげで、自分に寄ってくる女性の本心を無意識に分かるようになっていました。その結果、彼はご相談者様を選んだのです。私はありのままの事実をご相談者様に伝えました。すると、心につかえていた物が取れたように心底ほっとされていた様子。後日、「先生ありがとうございました。先生のおかげでなんの不安もなく彼と結婚ができました。とっても幸せです」と、ご相談者様からメッセージをいただくことができました。私もとても嬉しかったです。霊視の対象者が霊感を持っていたという非常に珍しいケースだったのもあり、忘れられない相談内容でした。